技術紹介

機械設備:2つの寿命と劣化診断

劣化診断・効率監視についての新たな背景

今日のグローバリゼーションの流れの中で広義の「信頼性」は、その概念を拡大しつつあります。それは、ディペンダビリティ(可信性:Dependability)という用語でJISとして正式に認定され、規格IEC 60300-3-15 Ed. 1.0.2009(b)に沿って、対象とする機械設備・システムを評価・審査・格付けする時代を迎えています。

このディペンダビリティ性を評価するためには、①信頼性(Reliability)、②保全性(Maintainability)、③支援性(Supportability)という3つの観点に、④効率性(Effectiveness)を加えて機械設備・システムの設計・製造・検査段階、および現場設置後のライフサイクルを通して多面的に、かつ総合的に評価できる新たな劣化診断・予測技術が必要です。なお、ここでの③「支援性」は、遠隔監視制御機能を指します。

詳しく弊社技術をお知りになりたい方は

下記をクリック

劣化診断・効率監視技術について

(PDF形式、約291KB)

技術紹介

PAGE TOP